ジョルジュ・ピエール・スーラ 世界のアーティスト・画家

ジョルジュ・ピエール・スーラの作品「パレード」

 

< ジョルジュ・ピエール・スーラ >

 1859年パリのボンディ街に生まれる。 アマチュア画家であった叔父から幼少時より美術に親しむ。 スーラのデッサンを見た両親がその才能に気付きパリ市立デッサン学校に入学させたといわれる。

 その多くの作品の中で、自然光の光の美しさが反映されたものが多いのですが、この1888年の作品「パレード」では夜の人工照明のなかで描かれてます。 明るい部分を暖色系のオレンジ色から黄色、暗い部分を緑色から青にかけての寒色系の色合いでかかれてます。 輪郭(をぼやかしたり、くっきりさせること)から絵画の焦点?を作っていく手法ではなく、明暗の差で画面全体を纏めていく手法が見られます。 生来のデッサン力の天才性がこの絵でも見られます。 ジョルジュ・ピエール・スーラといえば、色彩の際立った美しさで知られますが、 ”真”に美しいのはデッサンの光と影の妙なのかもしれません。

 

 

 

チャガール デュシャン モネ モーリス・ユトリロ モーリス・ユトリロ

世界のアーティスト・画家       ピエロ・デッラ・フランチェスカ<back           next>フランチェスカ「キリスト洗礼」

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com