ポール・ゴーギャン「三匹の子犬」  世界のアーティスト・画家

ポール・ゴーギャン「三匹の子犬」

 

< ポール・ゴーギャン「三匹の子犬」 >

 1848〜1903年。 1886年、ヴァン・ゴッホと知り合い、彼の周りにはポン・タヴェン派は形成され、ブリュターニュとパリを行き来することになる。 1891〜1893年は最初のタヒチ時代であり、この「三匹の子犬」は1888年に制作されていることから、タヒチに行く直前の作品となります。 また、1887年にはパナマとマルチニック島に滞在していることから、「三匹の子犬」はパナマとマルチニック島での作品ともいえます。 その後、1893年には再度タヒチに出かけてますが、二度とヨーロッパに帰ることはありませんでした。

 ポール・ゴーギャンの静物画を知る人にとっては、影のグリーンの鮮やかさを見れば、まぎれもなく彼の作品であることが分かります。

 

 

 最近ですが、犬マニアなのでしょうね、犬の写真をたくさん撮っている方がいます。 とにかく、犬の写真がめっぽう上手なのです。 なぜそのように上手に撮れるかと言えば、前もって犬の行動・動きが読めるからだと思います。 とにかく、動物を撮ることはとっても難しい撮影になることはよく知られてます。 それには二つの理由があり、一つはレンズを巨大な目のような感じがあり、犬が恐怖を覚えることかもしれませんが、犬としてもなれることでそのことは解消できるものと思われます。 もう一つの理由は、撮影に協力的な犬はいなくて、予測なく動き回るからです。 犬マニアであれば、犬の美しさへのこだわりが美しい写真を撮らせるのでしょうね。

 

 

セザンヌ レンブラント チャガール ピエール・ボナール ピエール・ボナール絵画作品

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com