ポール・ゴーギャン「海辺に立つブリュターニュの少女たち」 世界のアーティスト・画家

「海辺に立つブリュターニュの少女たち」

 

< ポール・ゴーギャン「海辺に立つブリュターニュの少女たち」 >

 この画像は撮影し損なったのですが、ある意味ではちょうど良かったような気がしてます。 それは、ぼやけることによって、作品の本質が見えやすくなっているようにも思うわけです。 この絵を見て、カンディンスキーの絵ではないか?と思われて人はいると思います。 この画面にもっと「強い白」を使えば、人物の輪郭線を強くすれば、ほとんどワシリー・カンディンスキー(比較的、初期の絵画作品)になってしまうのではないかと思いますが、どうでしょう。 カンディンスキーがポール・ゴーギャンの「海辺に立つブリュターニュの少女たち」に強い関心があったかどうかは分かりませんし、この絵を見ていないかもしれませんから・・・

 

 

 こういう言い方をすると叱られるかもしれませんが・・・ワシリー・カンディンスキーの絵画を観ていると、色彩の画家と言う印象が強く、デッサン力や立体表現には弱かったように感じることがあります。その弱さが功を奏してか、晩年の平面図形に還元した素晴らしい新たな世界観を生み出してはいます。

 

ヌードのサムネイル画像 青木繁「温泉」 セザンヌ フェルメール パール・クレー

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com