ポール・ゴーギャン:バラウ・ナ・テ・ヴァルア・イノ「悪魔の言葉」 世界のアーティスト・画家

  ポール・ゴーギャン:バラウ・ナ・テ・ヴァルア・イノ「悪魔の言葉」

 

< ポール・ゴーギャン:バラウ・ナ・テ・ヴァルア・イノ「悪魔の言葉」 >

 ピンク・桃色と緑色の対比の中で色彩の ”構図”があるのは、ゴーギャンならです。 木の太い幹と思われる部分はチョコレート色ではなく、ほとんど黒になってます。 木陰での反射光を使った描き方なのでしょうが、夜に人工光を用いて描いたようにも見えますね・・・人工光はありえませんが。

 

 

 美意識が低い人たちには美意識の高い作品は”生涯”見えないのだろうと思われることがあります。このことは、学んで培われることではないような気がします。また、アート性のあるヌード画像を見ても猥褻としか感じない人たちと同類でしょう。僕はネガティブな人間ではないのですが、これらのことに関してだけは悲観的にならざるおえません。 

 

ピエール・ボナールの写真 パール・クレー ゴーギャンの作品 レンブラントの絵画作品 レンブラントの絵画作品

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com