ポール・ゴーギャン 世界のアーティスト・画家

ポール・ゴーギャンの作品

 

< ポール・ゴーギャン >

 赤が主体となっている作品ですが、中央に位置する白が周りを惹き立てているようです。ランダムに位置させた人物に、その色合いに、ゴーギャンの哲学を感じさせます。 また、地面が真っ赤であるにもかかわらず何ら不自然さを感じさせないとこが天才たる所以なのでしょうか。 シャシンンであれば、アングルが多少狭めになっているように感じるのは、ゴーギャン自身が島の生活により踏み込んでいった(溶け込んでいた)様子が伺えます。

 

 

 この国特有な写真というジャンル・・・海外では、絵画も写真もビジュアルアートという意味では区別はしてません。だから、写真という特別なジャンルは設けてないというか、拘ってないということです。ところで、この国では、アートとは無縁な「写真」というジャンルがあることと、”内輪だけでよいしょ!”するような村社会を形成していることですね。先生とか重鎮と言われるような、アート性とか美意識とは無縁な面白くもない「写真」をもっともらしく展示していたり、また、その写真を見ながら学び、崇めるような人たちも多くいることですね・・・ネット社会ですから、グローバルに認知されてることでもあります。

 

ユトリロの風景画・街の写真 寛ぐ女性の肖像画 風景画像 風景画像

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com