ピエール・ボナール「桟敷席」 世界のアーティスト・画家

ピエール・ボナール「桟敷席」

 

< ピエール・ボナール「桟敷席」 >

 1908年の作品です。 ボナールの代表作ともいえる作品です。 左サイド、中央、右サイドと、それぞれが独立しているような、一枚の作品としては成り立たないような印象のある絵です。 どこに焦点を当ててみるのか、人によって違うことも十分考えられます。 画面の中の「桟敷席」の四人がそれぞれの在り方であり、目線やその意識はばらばらでありながら、絵画としてはまとまった印象を与えてます。 従来の概念を壊そうとする構図であり描き方なのでしょうね。

 

 

ポール・ゴーギャン作品 セザンヌ ポール・ゴーギャンのヌード絵画 シャガール

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com