ピエール・ボナール「夏」 世界のアーティスト・画家

画材についての具体例

 

< ピエール・ボナール「夏」 >

 1909年の作品です。 色の付いた岩の塊を見ているようで、風景画とは一見分からないかもしれません。 色彩を優先するために、作家が見たいような世界観をすべてより優先するために、このように描かれたのでしょう、ピエール・ボナールの心意気・哲学・美意識を感じさせる作品です。

 

 

 

 

 

コラージュ作品 シャガールの絵画 人物画の量感とダイナミズム 風景画

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com