ピエール・ボナール「青い裸婦」 世界のアーティスト・画家

比較対照のためのヌード画像

 

< ピエール・ボナール「青い裸婦」 >

 1924年の作品です。 絵画の中の裸婦の絵というより、「考える人」で知られるロダンの作品の持つ独特な(肌の)ディテールを感じさせます。 手前には、足だけ見えますが、これまではこのような描き方はしなかったことを考えれば、ピエール・ボナールの圧倒的な自信のようなものを感じざるを得ません。

 

 

 

 

ゴーギャンの作品 ゴーギャンの作品 ゴーギャンの作品 ピエール・ボナール女性像

世界のアーティスト・画家    ピエール・ボナール「婦人の肖像」<back   next>ピエール・ボナール「女と犬」

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com