ピエール・ボナール「サーカスの馬」  世界のアーティスト・画家

カフェの室内画像とヌード

 

< ピエール・ボナール「サーカスの馬」 >

 これも ピエール・ボナールの晩年の作品「サーカスの馬」 1946年。 ボナールの人としての優しさと自由さがそのまま伝わってくるような絵になってます。

 

 

 ある画家が「私にとって絵を描くことは熱烈な告白である」と言った人がいた。 こういう人たちは、絵画によって何かを表現しようとする人たちではなく、何かに近づこうとする人たちなのです。 絵を描くことは、その時点において事故の情熱や憂いを問うことであり、己を形作っていくことである・・と考えている。

 

 

 西洋の絵にはキリスト教を背景としたものが多く存在するが、それは孤独のうちに研ぎ澄まされた感性や感覚が宗教的な雰囲気を醸すだけで、宗教そのものとの関連性は説明しづらいことが多い。 ユトリロに見られるように、事故に忠実であればあるほど人の背負う深い悲哀が画面を覆うようになっていくことになる。

 

 

セザンヌ レンブラント 色彩豊かなシャガールの作品 ピエール・ボナールの描いた絵

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com