ジョン・ウィリアムス・ウォーターハウス「人魚」 世界のアーティスト・画家

モミジとヌード

 

< ジョン・ウィリアムス・ウォーターハウス「人魚」 >

 世紀末絵画の代表的な作品とも言えるジョン・ウィリアムス・ウォーターハウス「人魚」です。 バーン・ジョーンズ、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティー、ジョージ・フレデリック・ワッツなどラファエル前派の画家としても知られます。 また、グスタフ・モローなどともその感性において共有する何かを感じさせます。

 

 

 小説の世界であれば、その時代背景を感じさせる作品は多くあり、それなりの評価を得ているようですが、絵画となればことは違ってきます。 このラファエル前派と言われる画家達の多くは異端視されていたともいわれます。 絵画は絵そのものであり、時代背景を伴うものは好まないのかもしれません。 要は、絵画にストーリー性はそぐわないともいわれます。 上の絵を見ればわかることですが、描写の半位が120%であり、描きすぎ嫌う多くの画家は80%位の抑えて描くものです。

 

 

ピエール・ボナール レンブラント ピエール・ボナール ルドンの色彩

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com