レンブラント「サムソンの結婚式」 世界のアーティスト・画家

レンブラント「サムソンの結婚式」

 

< レンブラント「サムソンの結婚式」 >

 「夜景」などに見られるように、中央だけに光線を当てる描き方です。 19世紀後半くらいまでは、必ずしも中央ではありませんが、目線が寄る位置を想定して描かれた絵画が多く、レンブラントは光の当て方による画面の作り方をしてます。 多くの絵画は、輪郭線の強弱や遠近法などを用いて(鑑賞する側の目線に合わせた)”親切な”絵画とも言えます。 20世紀に入ってからは、観る側の創造性・想像力に任せた絵画が多く、それらが備わっていない人には ”見えにくい”絵画となってます。 分かる人には分かって分からない人には何が描いてあるのか分からない絵画ということになります。 不親切な絵画とも言えますし、ある選ばれた人にか分からない絵画とも言えます。 それらは抽象であったり、キュービズム的な発想から描かれたものであったり、シュールレアリズムと言われる(具象ではあっても)意味の分からない絵画であったりします。 ・・・だからといって、レンブラント「サムソンの結婚式」が誰にでも分かりやすい絵ということではありません。 やはり、ここにも分かる人にしか分からない絵はあります。

 

 

抽象画 ゴーギャン ゴーギャン ゴーギャン

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com