世界のアーティスト・画家 「無邪気な絵・クレー」

無邪気な絵・クレー

 

< 無邪気な絵・クレー >

 絵を描くことはいかに上手に描くことか?と考える人も多くいます。 この絵(無邪気な絵・クレー)に関しては、感性を巧みに表現しているという意味ではとっても上手な絵なのですが、普通に見ればこの上なく下手な絵に見えます・・・絵の価値というものは上手い下手には関係なくて、より個性的でありより感性が絵に出ていれば価値があると考えればよいでしょう。 技術的に上手なことと表現することに長けていることは根本的に違うとことだということですね。

 

 

 

色彩の豊かさ 白黒絵画 セザンヌの代表作品 透明感のある絵画

世界のアーティスト・画家   back>無邪気な絵・クレー                    next>色相・階調のリズム パールクレー

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com