色相・階調のリズム パールクレー 世界のアーティスト・画家

色相・階調のリズム パールクレー

 

< 色相・階調のリズム パールクレー >

  人物や動物はアニメのようでもありますが、背景をなす碁盤の目のような模様はパール・クレーならでわの色相と色彩の階調のリズムを感じさせます。 パールケレーの絵を実際に見た人は思うのですが、水彩画多く作品は小さなサイズのものが多いこと。 展示されている現場では、日焼けしてしまうことを避けるために、照明は極端に落とされていることです。 美術館に入った瞬間は目が慣れるまで絵が見えるようになるまでにかなりの時間を要します。 この碁盤に色を塗っただけのような絵もあり、その絶妙な描写とリズムを見ることも出来ます。

 

 

 

 感情を極端に押さえ込んで、感覚だけで絵を描けば、パール・クレーのような絵になるのではないか・・と考えます。 感情というものはその瞬間瞬間に変わるもの、感覚はある一定のレベルを保てるものと考えれば、より普遍的であることを求める絵画の世界では、感情を出来る限り廃して制作に臨むことは当然のことに思えます。

 

チャガールの馬車と牛の絵 古典的な絵画 椅子に座り肘を突く女性の肖像 背景に暖色を使った裸婦の肖像

世界のアーティスト・画家       無邪気な絵・クレー<back           next> タイルを敷き詰めたような絵 パール・クレー

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com