パール・クレーの「制御できない流れ」 世界のアーティスト・画家

パール・クレーの「制御できない流れ」

 

< パール・クレーの「制御できない流れ」 >

 パール・クレー、1934年の作品で、長辺290センチがありますから、彼にとっては大作といえます。 この「制御できない流れ」は何を意味するのか? この時代の背景を考えればヨーロッパ大陸をナチスが席巻していたこと、作者の内面を考えれば、抑圧された感情の流れともいえます。 木炭紙に描かれており、水彩とペンとクレヨンを使ってます。 このサイズの絵画であれば普通はキャンバスに描かれることが多いのですが、木炭紙であればその保存はかなり難しくなり、展示する際の照明の強さにはデリケートな問題が生じます。

 

 

 

 

パール・クレーの絵画 レンブラントの絵 アーティスト・ゴーギャン 花の絵

世界のアーティスト・画家       タイルを敷き詰めたような絵 パール・クレー<back      next>男のモデル アンリ・マティス

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com