平安・悦楽のための習作 アンリ・マティス 世界のアーティスト・画家

平安・悦楽のための習作 アンリ・マティス

 

< 平安・悦楽のための習作 アンリ・マティス >

 点描法を見ればシニャックを、色彩や構図やデッサンを見ればセザンヌを思わせる。 マティスの習作は、フォルムから色彩への開放へとはっきり見て取れる。 また、初期のアンリ・マティスの試行錯誤をも感じさせる作品となってます。

 

 

 アンリ・マティスを「カラリスト」という言い方がある。 色彩画家といわれるアーティストをさしていると思われる。 デッサンは練習で何とかなるが、色彩は天性のもので努力で学べるものではないという意味です。 私個人としては、デッサンこそが天性のもので、色彩は転生というよりも個性で分かれると考えてます。

 

ゴーギャンの絵画 宗教画 水彩画 水浴する裸婦

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com