fujii mihaku 展              スーチンを想わせる裸婦像<back    next>汚さが綺麗な絵

人物画像

 

奈落への招待状

 ところで、この絵を楽しめてますか? 悲しみと冷たさには慣れましたか? 救われないことに対して、不服はありませんよね?  それなら、ここから奥に無限に続く透明な世界に招待できます・・・奈落への招待状。

 絵を撮ることについて・・・考え方は二つあると思ってます。 一つは、出来る限り原画に近づけて撮ること。 もう一つは、絵は風景や人物と同様で被写体であるという考え方です。 こうして、絵をインターネット上に載せるには、写真で撮るか、サイズの小さなクロッキーなどであればスキャナーを使うこともできます。 絵描きというのは、写真を撮る技術レベルの差はあるのでしょうが、実物の絵を目の前にしてデジタル写真と比べることになれば、がっかりすることの連続になります。 最も大切なニュアンス(描写)がほとんど撮れないのです・・・絵画は実物を見ないことには分からないと言われる所以です。 どうせ(原画の良さを)撮れないのならば、いっそのこと、作品を素材として考え、好きなように撮って、編集処理などを加えてしまおうという考え方になるのです。 繊細なニュアンスを伝えたい鉛筆画は原画に近づけて撮りたいと思うことは当然ですし、色彩の強い絵ならば、原画とは別の作品になっても構わないと考えたりします。 

 

人物画像

 美しい絵が創られるところでは、美しい環境があるのでしょう。 趣味の良さを感じさせるアトリエ?ですね。

 

     人物画像

 この絵を美しいと感じますか? 指の形が指らしくないとか、”下手な絵”だなぁ・・とか、そんな風に思いますか? 作品をどう見ようがその人の勝手なのですが、アート作品を日常的な常識的な目で見ることは止めましょう。 それは、その作品に秘められた本質を見損なうからです。 飛行機の操縦は上手でないと困りますが、アートは下手で良いのです。 上手であることは、(”素人”は説得できても)感性の備わった人たちには全く説得力はありません。 真のアートとは、個のもつ輝きであったり、日常では出会えないような何かを思い起こさせるスリリングさであったりします。 この絵のように、結果として美しく見せてしまえば、真の意味での ”上手な絵”とも言えるのです。

  

 

 

汚さが綺麗な絵 夜景 「線」 色遊び 自画像

           fujii mihaku 展                   スーチンを想わせる裸婦像<back   next>汚さが綺麗な絵

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com