fujii mihaku 展                                                next>fujii mihaku プロフィール

人物画像

  新作品群 fujii mihaku 展

 2014年2月30日にfujii mihakuの「実物の作品群」が到着した。 大阪から東京へ郵便で届けられた。 彼の存在を知ってからは、ネット上で画像でばかり彼の絵画を観、そして、感じたことをそのまま書き記してきた。 ここで初めて、実物を見た感想を書くことになる。

 フォトグラファーの私の勝手な想像では・・彼の撮影技術や機器ではかなりの”取りこぼし”があるのではないか?と思ってましたが、彼なりの感性の中で(撮影)撮り収めていることに少し驚きを感じている。 上手な撮影ではないが、確実に彼の感性の範疇に収まった撮影となっていると言うことだ。 これは、実物を見て、ここの画像を見たことで分かったことです。

 

 fujii mihaku の新作品群を紹介します。 

人物画像

 やはり、当然のことながら、写真で観るよりは実物の方がずっと繊細で説得力ある絵画である。 写真であれば、コピーすればいくらでも存在することなのだから、そのものの価値はあるのだろうが、感動は薄い。 ところが、実物を前にして、その有難みがしみじみとわいて来る。 そして、これほどまでの才能ある画家(の作品)を私が預かってよいのだろうか? これらをどのように”扱えばよいのか?” また、これらの作品をどのようにして”世に知らしめればよいのか?” 実物を見て再確認したことだが、ここには”確実な個性”が存在する。そして、この個性に価値を見出す人たちも多くいるのではないか?と思えることだ。

 

 

人物画像

 ここで、私について少し書いてみる・・ 元々はパステルで絵画を描いていた、そして今も時間を見つけて描いている。 それでも、フォトグラファーとしてとみに忙しくなってきている。 今年2015年2月にはイスタンブールでの個展が決まっている。作品は既に当地に送っており、観に行くだけとなっている。そして、秋の展示会の予定もほぼ決まっているので、その作品創りに忙しい。

 fujii mihakuは私をキュレイター的存在であると言っている。 日本では聞きなれないキュレイターという言い方ですが、その意味は、学芸員という意味であり、画家にとっては画商のような存在でもある。 アート作品を”正当”に評価し、それらを広める役どころと言ったほうがよいかもしれない。「私にとってのキュレイターについて・・」 私にとってのキュレイターとは、テニスで言えばコーチであり、私はプレイヤーであると受け止めている。 クリエイターの多くは作品は己自身で完結するものと考えていることが多いが、”ここ”では、そのような”従来型の概念”は見えてこない。 フォトグラファーである私はひたすら撮影に励めばよいことであり、制作におけるベクトルはキュレイターの助言によるところが多く、展示作品を最終的に決めるのもキュレイターの仕事になっている。 当然の事ながら、撮った写真に対する批評や感想は細かく入ってくる。 そして何よりも大切で在りがたい事が”励み”を頂ける事です。 

 ところで、私がfujii mihakuにとってキュレイター的存在で在れるかどうか?と言うことだが。 既にこうして、ネット上で彼の作品を解説し、少なからず広めている。 それは、彼の励みにはなっていることと思う。 でも、私は一度として”助言や批評”をしたことはないし、その立場にもないと思っている。 「私とキュレーターの関係」と「fujii mihakuと私の関係」の違いがここにある。 この立場の違いを生んだものは何か? それはたぶん、私にとってのキュレイターは、(キュレイター)自身の地位の向上と利益があり、私にとっても名誉と少しのお金が存在することです。 「fujii mihakuと私の関係」においては、もちろん、金銭的な利害関係は存在しない。

 

人物画像

 

人物画像

 

人物画像

 

人物画像

 

人物画像

 

人物画像

 

人物画像

 

 

人物画像

 

人物画像

 

人物画像

 

人物画像

 

人物画像

 

人物画像

 

人物画像

 

人物画像

 

人物画像

 

人物画像

 

人物画像

 

人物画像

 この画像は、ほぼ実物大ではないか?と思われます。タッチや細かなニュアンスまで見えるので、貴重な画像になりますね。

 

人物画像

 

 

 

 

ブルーな落書き    概念を超えるエロティシズム    美しいが怖い絵    デッサンまたはクロッキー

fujii mihaku 展                                              next>fujii mihaku プロフィール

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com